予防歯科・歯周病治療

歯周病治療

歯周病の根本的な原因は歯垢(プラーク)歯の表面の膜(バイオフィルム)で、プラークは毎日の歯磨き等で取り除く事が可能なのですが、実際には完全に取り除けていないバイオフィルムは多く残ります。
プラークは時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。
歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため早めに取り除かなければドンドン歯周病が進行してしまうのです。

また歯周病になってしまうと歯周ポケットが深くなり、歯周ポケットに溜まったプラークや、歯石は歯磨きでは取り除く事が難しくなるため、さらに歯周病の症状が進行していってしまうのです。

 

PMTC(歯石除去+3DS)

治療室簡単に言えば、”プロによる歯の清掃“のことです。

歯面だけでなく、歯の付け根までそうじするので歯肉が引き締まり、歯周菌の侵入を防いで健康になります。
毎日歯を磨いていても、実は “しっかり磨けている人”は意外と少ないものです。

そこでこれらの歯石・プラーク・バイオフィルムを歯医者で除去してもらい、再び付着しづらくする治療法がPMTCです。
歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けていないプラークやバイオフィルムを歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できるのです。

PMTCとは当院では患者様1人1人にあったオーダーメードで行うクリーニングのことです。

 

歯周内科治療

しっかり歯を磨いていてもお口の中がねばねばする、出血が治まらない。
頑張って歯を磨いているのに、歯医者さんで歯周病と言われてしまった。
そんな方はいらっしゃいませんか?
実はその原因、歯周病菌の種類や数に問題があるのかもしれません。
お口の中に住み着いてしまった悪い菌がいると、歯石を取ったり一生懸命歯磨きをしていても、なかなか歯肉の腫れや出血、口臭などが治まらないのです。
歯周内科治療では、原因である菌を顕微鏡検査で特定し、薬でその菌を退治し、お口の中の環境を産まれたての赤ちゃんの時のようにリセットすることが出来ます。
お薬を飲んでの治療なので、お痛みなくいい結果に結びつくことが出来ます。
歯周内科治療終了後も当院のメインテナンスで長期的に歯ぐきの状態を見ていき、なるべくご自身の歯でお食事をして、健康で元気に長生きしていけるようにサポートさせて頂きます。